TOP > 鍋島 .

栗田美術館について
伊萬里
鍋島
ご利用案内/交通アクセス
展示施設のご案内
ミュージアム・ショップ
ミュージアム・ガーデン
お食事・喫茶
友の会
周辺の観光


鍋島とは

鍋島藩の御用品として特別に生産された磁器が鍋島で、日本の磁器の最高峰に位置づけられています。
鍋島は有田近郊の大川内山に1670年代に開窯され、伊萬里の製品とは違った独特の形式美を持つ精緻な磁器を生産しました。
その製品は食器類で、一尺、七寸、五寸など、円形木盃形の皿が主体で、純日本的な意匠があらわされ、それらは市販を目的とするものではなく、専ら将軍家への献上を主目的とし、藩主の贈答用に供されたといわれています。


鍋島色絵寿之字宝尽し文八角皿
鍋島色絵寿之字宝尽し文
八角皿

(鍋島色絵)
鍋島染付童子雪合戦文三脚付大鉢
鍋島染付童子雪合戦文
三脚付大鉢

(鍋島染付)
鍋島青磁色絵五葉松文大皿
鍋島青磁色絵
五葉松文大皿

(鍋島青磁)

色鍋島とも呼ばれています。
染付の藍色と上絵付の赤・黄・緑色の3色を基本として使用しています。
染付素地に上絵を施し、完成度の高い上品な文様構成で効果的な表現方法を確立させ、鍋島の様式を成立させました。

藍鍋島とも呼ばれています。
色鍋島のような派手さはありませんが、一色で重厚さと格調の高さを表現しています。
正確な線描きと濃淡の表現技法が見られるつけ濃が丁寧に行われ、墨弾きなどの特有の染付技法を用いる場合もあります。

鍋島藩窯では日本を代表する青磁が焼かれました。
釉薬は鉄分の含まれる原料を、素地には白磁を使い焼成されます。
光沢のある釉は、むらのない美しい青緑色を呈していて、釉層は厚く施されています。
全面に青磁釉を施した製品の他に、色釉として白磁釉と掛け分けて用いる場合や、染付や色絵で絵付をする製品もあります。

栗田コレクション鍋島名品選





 Copyright(C)Kurita Museum All Rights Reserved.