TOP > 伊萬里 .

栗田美術館について
伊萬里
鍋島
ご利用案内/交通アクセス
展示施設のご案内
ミュージアム・ショップ
ミュージアム・ガーデン
お食事・喫茶
友の会
周辺の観光


伊萬里とは

日本で初て生産された磁器が,伊萬里です。
伊萬里の誕生は肥前鍋島藩,今の佐賀県有田町やその近郊の窯で、1610年代に始まりました。
その生産品は伊萬里の港から各地に積み出されたため、江戸時代以来、伊萬里焼と呼ばれて今日に至っています。
伊萬里は創始から約100年の間に技術と生産体制が発展し、染付とともに1640年代から色絵の生産も始まりました。
1660年代からは、オランダ東インド会社の注文による輸出用磁器が生産され、柿右衛門様式や金襴手様式の華麗な色絵磁器が完成し、国内外で広く知られるようになりました。
18世紀以降は、一般内需向けの大小さまざまな食器が生産され、各地に供給され消費拡大していきました。


伊萬里染付兎波文皿
伊萬里染付兎波文皿
(初期伊萬里)
伊萬里色絵松竹梅双鳥文皿
伊萬里色絵松竹梅双鳥文皿
(柿右衛門様式)
伊萬里色絵亀甲窓絵山水草花文蓋付大壺
伊萬里色絵亀甲窓絵
山水草花文蓋付大壺

(金襴手様式)

江戸前期1610年代〜1640年代頃までに作られた肥前磁器は、初期伊萬里と呼ばれています。
まだ色絵が焼かれるまでの製品で、素焼きをしない生掛け焼成を行い、肉厚のおおらかな成形で、素朴な味わいのある文様表現は力強い豪放な筆致が特徴で、中国の古染付の影響がうかがわれます。
初期伊萬里の製品を焼いた窯跡からは豊富な内容の発掘陶片が出土しています。

濁手と呼ばれる乳白色の白磁に鮮やかな日本的な赤絵を施したものが一般的な柿右衛門様式。
1670年代頃に完成し、オランダ東インド会社からの厳しい品質注文を受けながら発展し、特にヨーロッパの王侯貴族の需要にもとづき作られ、高い評価を受けました。
温かみのある白い素地に
繊細な筆使いで、上質の色絵具を用いて、現実的な意匠表現で作られました。
最高級の輸出色絵磁器は1690年頃にかけて生産されました。

元禄年間、1690年代頃に生まれた、伊萬里を代表する様式。
染付素地をベースに器面を区画して、その中に赤絵と金彩で多くの文様をくまなく装飾し、豪華絢爛な金襴手と呼ばれる色絵磁器が、有田一帯で生産されました。
日本国内向けと輸出用に分けられ、国内向けは型物といわれる大名や豪商の特別注文製品が作られ、海外向けは特にヨーロッパの装飾用として作られました。大壺や大皿は王侯貴族の居館を飾り、その他、多種多様な意匠の注文品が多く生産されました。

栗田コレクション伊萬里名品選





 Copyright(C)Kurita Museum All Rights Reserved.