005 伊萬里色絵馬置物 製作年代 延宝〜元禄(1673−1704年) h45.0cm w46.7cm

日本で初めて製作した伊萬里の馬像である。これはリチャード・ホワイトコレクション伝来のもので磁器を知る世界の人達にとって真に想像を絶する鮮麗な美しさと堂々たる風格をもつ強靭な力作である。
馬体は安定して重量感に溢れ、眼光は異様に鋭く、頭絡、馬衣の模様は余りにも典雅華麗である。特に手綱と馬衣を組合せた横溢な想像力には大きな衝撃を受ける。静的な姿勢の中に気魄をこめた鮮烈な作品である。